元フリーエンジニアライフ

Ruby on Rails とか MovableType とかAWSやってるフリーランスウェブエンジニアの記録でした。現在は法人成りしてIT社長。

IntelliJ IDEA でAngularJSのコード補完を利用する

せっかくIntelliJ IDEA Ultimateを購入したなら、いろいろ使わないと勿体ないね!

ということで、AngularJS開発で試します。

コード補完

引数補完

IntelliJ IDEA 13、このようにAngularJSの、シンタックスハイライト、コード補完、引数補完、コードジェネレータなどに対応しています!しかも軽快に動作し、重いと感じることは全くありません。

IDEAが提供するコード補完についてはこのあたりを参照下さい。

※私はIntelliJIDEAビギナーです。変な説明や誤解があるかもしれません。是非ツッコミお願いします。

インストール

以下の2つをインストールしました。

AngularJSプラグイン

ng-*属性やブラケットのサポート、入力補完を利用したCDNからの読み込みやmoduleの定義などよく使うコードを数文字のショートカットで生成できるコードジェネレータなどが利用できるようになります。

DefinitelyTyped AngularJS

TypeScript用の型定義ファイルをIDEAに登録することで、JavaScriptでの入力補完に利用できるようになる(ぽいです)!なんだかよくわかんないけどすごい。

AngularJSプラグインのインストール

[Configure] > [Settings] > [Plugins] > [Install JetBrains plugin] からAngularJSプラグインをインストール。

Plugins

完了後再起動。

コード補完用型定義ファイルのインストール

[Configure] > [Settings] > [JavaScript] > [Libraries] > [Download] でライブラリダウンロードダイアログを開き、ダウンロード先に[TypeScript community stubs]を選択。

一覧から「angularjs」を選び、[Download and Install]

angularjs typescript commnity stub

リストに追加されたら[OK]。

使ってみる

ライブラリの有効化

JavaScript等の編集時、右下のHighlight Levelをクリックし[Highlight Level]ポップアップを開く。

Highlight Level Popup

[Libraries in scope:]をクリックすると、このプロジェクトで使用するJavaScriptライブラリ選択ダイアログが開くので、先にインストールした「angularjs-DefinitelyTyped」を有効にして「OK」。

angularjs-DefinitelyTyped

他の方法

またはプロジェクトの[File] > [Settings] > [javascript] > [Libraries]から有効にしてもよいです。

コードを書く

コード補完

コード補完

引数補完

引数補完

おまけ:ビルトインサーバ

IntelliJ IDEAは何もしなくてもHTTPサーバを内蔵しており、プレビュー等に使用できます。もちろんAngularJSで作成したアプリの動作確認にも使えますね。

http://localhost:63342/ProjectName/

Open

Bultin