読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元フリーエンジニアライフ

Ruby on Rails とか MovableType とかAWSやってるフリーランスウェブエンジニアの記録でした。現在は法人成りしてIT社長。

IntelliJ IDEA 13.1 + Ruby plugin 6.5.0.20140314 DE リモートデバッグ on Rails

リモートインタプリタ設定済みのRailsアプリで、IntelliJのデバッガを使用したので手順メモ。

RubyMineからVagrantのサーバに対しリモートデバッグ - Qiita

などでは面倒な手順を踏んでいるが、少なくとも現在(2014.6.20)のバージョンではとても簡単に利用できる模様。

準備

IntelliJ IDEA 13.1 + Ruby plugin 6.5.0.20140314 DE リモートインタプリタ Rails開発

デバッガ起動

Development server実行の横のデバッグボタンを押します。

Debug

すると必要なgemのインストールを促されるので[Yes]

The gem debase required by the debugger is not currently installed.

※手動でインストールする場合は gem install ruby-debug-ide --no-ri --no-rdoc

インストールが進行し・・・

install ruby-debug-ide

終わるとデバッガ付きで開発サーバが起動します。

debugger

ポート番号等表示されていますが、これはIDEAのリモートインタプリタ機能でうまく扱ってくれていて、特別にポートフォワーディング設定が必要だったりはしないようです。

ブレークポイントを設定する

試しにビューに設定してみます。

エディタの左余白部分をダブルクリックすると赤●が表示されます。これがブレークポイント

ブレークポイント設定

この状態で開発サーバにアクセスすると・・・(http://127.0.0.1:3000/entries/1

先ほど作成したブレークポイントで処理が中断し、その時点でのコンテキストや変数の内容、スタックトレースなどが表示されました!

すばらしい。

デバッガ動作

このように、リモートインタプリタでも、とてもかんたんにデバッガを利用することができました。