読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元フリーエンジニアライフ

Ruby on Rails とか MovableType とかAWSやってるフリーランスウェブエンジニアの記録でした。現在は法人成りしてIT社長。

MTの記事を"GitHub Flavored Markdown"(GFM)で書けるようにする

すっかり忘れてた。 MTの記事作成画面で"GitHub Flavored Markdown"書式をサポートするプラグイン作りました。 [【MT東京-01】Movable TypeケーススタディVol.1](http://www.mt-tokyo.net/2014/04/mt-case-study-vol01-report.html)で困った駆動プラグイン開発 GFMプラグイン編発表しました。 ※そこでも言いましたがダイナミックパブリッシング対応(PHP版)は作ってないので誰か書いてPullRequestしてくれませんかね・・・(僕が今使わないので) ## ダウンロード [uzuki05/mt-plugin-GitHubFlavoredMarkdown](https://github.com/uzuki05/mt-plugin-GitHubFlavoredMarkdown) ## インストール `plugins/GitHubFlavoredMarkdown`を`MT_DIR/plugins`にコピーすると、エディタに「GitHubFlavoredMarkdown」が追加されます。 ![Formatting text with "GitHub Flavored Markdown"](http://i.imgur.com/t04SJ4d.png) これで記事を構築すると、GFM APIを用いてMarkdownをHTMLに変換し、表示します。 ![Hello World](http://i.imgur.com/WrjJcx4.png) ## 設定 ### 認証 デフォルトでは匿名モードでGFM APIを利用します。しかしながら、GitHub公式のGFM APIは、匿名モードではクライアントIPアドレスにつき60回/時の利用制限があり、現実的には使えません。 本プラグインはシステムのプラグイン一覧画面より、APIのURL(※後述の互換APIを利用する際に設定)および、匿名モードのON/OFF、匿名でない場合に使用する認証情報を設定できます。 通常、以下のように設定して下さい。 項目 | 値 ------------ | ------------- 匿名モード | はい APIユーザー名 | GitHubのログインユーザー名 APIパスワード | GitHubのログインパスワード ### 互換APIを使う GitHubのGFM APIはアクセス制限があるので、実際には[GitHub's Markdown Rendering API compatible API](http://gfm-kyanny.sqale.jp/)([GitHub](https://github.com/kyanny/gfm-rendering-compatible-api))などの互換APIサーバを自前で用意する必要があるでしょう。 互換APIを使うようにするには、「GFM API」設定を変更します。 項目 | 値 ------------ | ------------- GFM API | http://your-gfm-compatible-api-server/markdown/raw ##スタイル CSSは[Gist: Github Markdown CSS - for Markdown Editor Preview](https://gist.github.com/andyferra/2554919)あたりからダウンロードして使用するとGitHubっぽい見た目になります。 ただし、シンタックスハイライトはスタイルシートがないので機能しないので、何とかしたいところです。(githubCSSをコピペすることでも一応色分けできますが・・・) ##TODO - キャッシュ対応によるAPI利用制限緩和 - ダイナミックパブリッシング対応 - API残り回数チェック - シンタックスハイライトをなんとかしたい ##Contributing to mt-plugin-GitHubFlavoredMarkdown Fork, fix, then send me a pull request. ##Copyright © 2014 Yuichi Takeuchi, released under the MIT license